外反母趾施術の流れ

当院は、足の権威、外反母趾研究家、過労性構造体医学創始者「笠原 巌先生」直伝の笠原式フットケアバランス療法サイト内部ページの別ページにリンクしていますを行っております。笠原式治療法は、マッサージと矯正で足の筋肉をほぐした後、足を正しい形状でテーピング固定することで外反母趾を改善に導く施術法です。施術の内容、手順は以下をご覧ください。

STEP1、フットプリント(所用時間:約5分)
フットプリントを用いて、足裏のどこにどれだけ体重が掛かっているかを測定します。フットプリントを見ることで、足裏のバランス状態が一目瞭然でわかります。
フットプリント
STEP2、痛みの程度や足の状態を確認(所用時間:20分~30分)
現在の足やお体の状態をしっかりと確認いたします。フットプリントの結果も踏まえて、外反母趾になった原因や治療法、ホームエクササイズ、治療の流れや期間などを分かりやすくご説明いたします。
外反母趾診察
STEP3、電気治療(所用時間:約15分)
外反母趾の原因の1つである弱っている筋や硬くなっている筋をピンポイントで刺激します。
低周波電気治療
STEP4、足部のマッサージ(約20分)
足裏、下腿(※)など外反母趾に関係する筋肉を治療します。
※下腿(かたい)は「むこうずね」や「ふくらはぎ」を示します。
足部のマッサージ
STEP5、全身のマッサージ(所要時間:20分~30分)
全身の筋緊張をとり、身体のバランスを整えます。
全身マッサージ
STEP6、身体の歪みの矯正(所要時間:約5分)
全身の歪み(ゆがみ)が足部にも影響するので、身体全体の歪みを矯正(※)します。
※矯正(きょうせい)は、歪み、ズレを正し、正しい形で安定させる施術です。
身体の歪みの矯正
STEP7、関節矯正(所要時間:2~3分)
関節の歪み、ズレを矯正します。
関節矯正
STEP8、テーピング(所要時間:約10分)
テーピングをすることで足が正常な形に整い、足裏のバランスが改善します。テーピングは3〜5日貼り続けていただきます。治療中も日常生活は今まで通り継続できます。
笠原式外反母趾テーピング

外反母趾治療期間について

外反母趾治療は、基本的に週1回のペースで3~6ヵ月間行います。治療期間は、患者様の症状に合わせて診断時にご説明いたします。当院の4000症例の統計では、痛みは1ヶ月で95%、変形は3ヶ月で87%の方に改善がみられています

外反母趾施術料金(保険適用外治療)

外反母趾施術は、保険適用外施術となっております。

診察区分所要時間金額
初回(初診)約120分7,500円(税込)/回
2回目以降(再診)約90分6,500円(税込)/回
※継続して施術を受けられる方は、お得なコースもございます。詳しくは施術担当者に気軽にお尋ねください。

当院では、現金の他、各種クレジットカード、電子マネーもご利用いただけます。

使えるカード類。JCB、VISA、MASTER、DC、AMEX、PAYPAY、銀聯、SAISAON、Edy、iD、WAON、ICOCA
ご利用いただけるクレジットカード、電子マネー

外反母趾施術のご予約

施術は完全予約制となっております。予約状況によっては1カ月~2カ月程度先のご予約となる場合がございます。痛みや変形でお困りの方は、早目にご予約をお願いいたします。

お気軽にお問い合わせください。075-662-2303【受付時間】(平日) 9:00-20:30、(土曜) 9:00〜13:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ
PAGE TOP